パナホーム 値引き

無料!ハウスメーカーや工務店の間取りや支払総額を比較

 

パナホームで家を建てる場合の価格の目安は、坪単価70万〜80万円程度と言われており、ハウスメーカーの中でも価格は高い方です。

 

 

 

価格についてはこちらを参考に。

 

 

 

参照サイト
パナホーム 坪単価|失敗しないマイホーム購入ポイント!

 

 

 

家は一生に一度の大きな買い物ですから、少しでも値引き額が大きい方がいいですよね。

 

 

 

ハウスメーカーの中には『値引きは行っていません!』とキッパリと断言されるところもありますが、パナホームでは交渉次第で値引き額の上乗せを狙える可能性があります。

 

 

 

一般的に値引きを行っているハウスメーカーでは5%程度の値引きが目安になっており、タイミング次第では10%近い値引きが行われる場合もあると言われています。

 

 

 

値引き交渉の際に非常に有利な交渉方法として、他社と競合させると値引き額の上乗せを狙えると言われています。

 

 

 

 

パナホームに決めていても、あえて他社と競合させることで通常より値引き額を引き上げてくれる可能性が非常に高くなります。

 

 

 

しかし値引きの為だと営業マンに察知されてしまうと、営業マンも強気な態度で値引きに応じてくれないこともありますから上手に交渉を進めていって下さいね^^;

 

 

 

 

そして値引き交渉は最初から行うと、仕様やランクを落とされたりする可能性もありますので、契約前に行うのがベストかと思います。

 

 

 

家には定価はありませんし、各社の見積りの仕様は異なりますし、各項目の標準価格もなく、どこかで値引き分を調整されても全く気付かないですし、指摘することはできませんからね^^;

 

 

 

実際にパナホームで値引き交渉をされた方の情報ですと、

 

 

 

結構値引きを頑張ってもらった上、窓や仕様のグレードアップ、最後の一押しでカーテンとエアコン工事費などをサービスしてもらったそうです(* ̄ー ̄)

 

 

 

ある程度値引き額が引き出せたら、サービスの交渉に切り替えるといいですよ(* ̄ー ̄)

 

 

 

TOPページの「タウンライフ家づくり」では無料で各ハウスメーカや工務店の間取りプランや支払総額が比較できますので、

 

 

 

 

値引き交渉に役立つ資料となります。他のハウスメーカーと迷っています的なニュアンスで話を進めると、

 

 

 

値引きしてもらいやすくなりますので、是非、他のハウスメーカーなどの値段も調べておいて損はないですよ。

 

 

 

また、各社の間取りプランが無料でもらえますので、こんな間取りもいいなーなど、無駄のない間取りづくりができると思います。

 

 

 

パナホーム 値引き※交渉のポイントのTOPへ戻る

続きを読む≫ 2014/03/11 20:35:11

パナホームは大手ハウスメーカーの中でも価格が高いと言われており、注文住宅で建てる場合の坪単価は70万〜80万円が目安になっているようですね。

 

 

 

パナホームで建てたいけれど、予算が厳しい方はパナホームの建売住宅を選ぶという選択肢があります。

 

 

 

注文住宅のように、間取りや仕様、デザインをこだわることは出来ませんが、確実に注文住宅よりは安く購入することができます。

 

 

 

また注文住宅の場合はあまり高額な値引きは期待できませんが、建売住宅の場合はタイミングによって大幅な値引きが期待できる可能性もあります。

 

 

 

建売の場合、建築中や建ったばかりの物件からはまず値引きは期待できませんが、

 

 

 

時が経てば 表示価格が下がり結果当初よりも安くなることが多いです。

 

 

 

半年〜1年近く売れ残っている物件なら大幅な値引きが期待できます。

 

 

 

建売住宅は待てば待つほど安くなる可能性は高くなりますが、タイミングが遅ければ売れてしまいます^^;

 

 

 

しかし長い間建売住宅が売れないということは、何か問題があることもありますので慎重に検討された方がいいですよ^^;

 

 

 

立地条件や価格、家の仕様やデザイン、設備などなど、何か売れない理由があると思いますので、売れない理由を把握し、それを含めた上で購入するのかを検討なさるといいですよ。

 

 

 

ともかく安く買いたいという方は、売れ残り物件を紹介してもらいましょう(* ̄ー ̄)

 

 

 

TOPページの「タウンライフ家づくり」では無料で各ハウスメーカや工務店の間取りプランや支払総額が比較できますので、

 

 

 

 

値引き交渉に役立つ資料となります。⇒パナホーム 値引き※交渉のポイントのTOPへ戻る

続きを読む≫ 2014/03/11 20:33:11

一切値引きに応じないハウスメーカーもありますが、

 

 

 

一般的にハウスメーカーでの値引きは5%〜多くて10%だと言われています。

 

 

 

もちろんハウスメーカーによって値引き率は様々なので一概に言い切ることはできませんが、まともな値引きは5%〜10%程度だと言われています。

 

 

 

それ以上の値引きは会社の状態や営業マンの都合など、余程受注がほしい時です。

 

 

 

通常値引きは5%程度が適正だと思いますので、大きな値引きをしてまで契約して欲しい理由などがあるのでしょう^^;

 

 

 

実際にパナホームで大きな値引き額を提示されたけれど、その値引き額があまりに高額で異常に感じてしまいパナホームで建てることを諦めたという口コミもあります^^;

 

 

 

家は大きな買い物ですから、どうしても値引率や高額な値引きに目がいきますが、最初の見積もり金額は適切なのか?ということもしっかりと考えて下さい。

 

 

 

1社だけで家の見積もりを出してもらっても、記載されている内容や金額が適切なのか?ということはわからないと思います。

 

 

 

複数社で同じ間取や仕様で見積もりを出してもらわなければ、価格がどうなのか?ということはわからないはずです。

 

 

 

そして大手ハウスメーカーでは最初から値引き分を見積もり金額に上乗せしており、実際には値引いていないという噂も多いですからね^^;

 

 

 

基本的にハウスメーカーでは1年中、なにかとキャンペーンを行っていることが多いです。

 

 

 

新春初売り、春の決算、ゴールデンウィーク特別企画、サマーキャンペーン、オータムキャンペーン、歳末特別企画などなど、、、^^;

 

 

 

『値引きは今だけです』と言われることもありますが、家は大きな買い物ですから値引き額に惑わされずにじっくりと検討なさって下さいね^^;

 

 

 

TOPページの「タウンライフ家づくり」では無料で各ハウスメーカや工務店の間取りプランや支払総額が比較できますので、

 

 

 

 

値引き交渉に役立つ資料となります。⇒パナホーム 値引き※交渉のポイントのTOPへ戻る

続きを読む≫ 2014/03/11 20:31:11

決算期に家を購入すると通常より値引きが期待できるという噂がありますが、実際のところどうなんでしょうか^^;?

 

 

 

ハウスメーカーではよく、『今ならキャンペーン中ですから特別価格です』と言われることもありますが、実際年中なにかとキャンペーンを行っているハウスメーカーも多いですからね^^;

 

 

 

「今月中に契約を頂けるなら、決算期なので通常より値引きが頑張れます」と営業マンは言いますが、これはあまり意味がないようです^^;

 

 

 

注文住宅で建てる場合は、正式な売上として計上されるタイミングは完成引渡し後なので、決算期の契約であっても数字には影響しないのです^^;

 

 

 

ですが、決算期だから通常より値引しやすいということはホントなのです^^

 

 

 

住宅メーカーに限らずに決算期にはどの業界も売上成績を伸ばす為に、必至に営業活動を行い損をしない程度まで値下げに応じてくれることが多いです。

 

 

 

しかしハウスメーカーでは何かとキャンペーンを行っていますし、営業マンにとっては毎月決済みたいなものですから、

 

 

 

決算期、キャンペーン中だから、、、なんて言われてもその言葉に惑わされずに、交渉には時間をかけて下さい。

 

 

 

大きな買い物ですからね^^;

 

 

 

ちなみに交渉は月末まで引っ張るといい条件が出てくることが多いです(* ̄ー ̄)

 

 

 

当然、営業マンの個人的な成績によっても値引き額は大きく左右されますし、

 

 

 

営業マンによって対応は異なるので一概に言い切れませんが^^;

 

 

 

あえて他社と競合させて値引き交渉を進めていって下さい。

 

 

 

※あまりにしつこい値引き交渉を行うのはNGです^^;

 

 

 

家を安くした分、仕様やランクを落とされたり諸費用で上乗せされる可能性もありますので、知らないところで損しないように注意して下さい^^;

 

 

 

TOPページの「タウンライフ家づくり」では無料で各ハウスメーカや工務店の間取りプランや支払総額が比較できますので、

 

 

 

 

値引き交渉に役立つ資料となります。⇒パナホーム 値引き※交渉のポイントのTOPへ戻る

続きを読む≫ 2014/03/11 20:29:11

一戸建てのマイホームを建てようと考えているかたは、どの施工会社、ハウジングメーカーにすべきか、かなり迷うと思います。

 

 

 

ハウジングメーカーごとにも、いろいろな特色があります。それは、施工面でもそうですし、または金額面で、特徴があります。

 

 

 

そういった中で、大手建設会社系のハウジングメーカーやパナホームなどの大手と、地元施工会社の間で、見積もりを取って、

 

 

 

そこで迷う、というパターンも多いでしょう。

 

 

 

パナホームの値引き率というのも、一般的に言われている数字として、5%から、大きくなると10%を超えたり、15%、といったような数字も聞かれたりします。

 

 

 

こういったパナホームの値引き率というのを提示されると、やはりそれに魅力を感じてしまうということろもあるでしょう。

 

 

 

これに対して、地元の施工会社というのは、あまりこういった、大きな値引き率というのは、聞かれないように思います。

 

 

 

このように、こういった、大手と地元のハウジングメーカーの見積もりを比較するにあたって、なかなか難しいのが、値引き率です。

 

 

 

パナホームの値引き率において、よくあるのが、キャンペーンによる値引き率です。

 

 

 

家電メーカーがバックグラウンドにあるパナホームですから、3月などにおいて、決算が大きな指標になっているというのは、なんとなく伺えます。

 

 

 

こういったなかで、パナホームが、たとえば2,3月に、大きな値引き率を提示してきたら、やはりそれは、自分のところだけの特別対応、その営業担当だけの特別対応、この時期だけの特別な値引き率、というふうに思ってしまいがちです。

 

 

 

しかし、特に大手のハウジングメーカーでは、最初の見積もりにおいて、値引き率も加味した金額を提示している場合もあります。そういった点をきちんと見極めることが大切です。

 

 

 

とくに、パナホームの値引き率においては、もともと、オール電化などの内容についての値引きというのが多かったりしますので、その最低限の金額の感覚などを、別のところで得ることも有効です。

 

 

 

TOPページの「タウンライフ家づくり」では無料で各ハウスメーカや工務店の間取りプランや支払総額が比較できますので、

 

 

 

 

値引き交渉に役立つ資料となります。⇒パナホーム 値引き※交渉のポイントのTOPへ戻る

続きを読む≫ 2014/03/11 20:27:11